「坐ることを拒否する椅子」岡本太郎

岡本太郎 坐ることを拒否する椅子

2 Responses

  1. 岩渕琢身 says:

    去る「爆弾低気圧」の前日 つまり1月13日(日)、福島県郡山市の「国際情報工科大学校」で、「出張美術館」を拝見して、大変 驚きました! こんな何億円もするような有名人たちの本物の作品群を、無料で、しかも 写真など自由に写していいなんていう展覧会は 初めて見ました。慈善事業なのでしょうか!ただ すごいという言葉しかありません。生涯の「得」をしたような気持ちで、もう 思い残すことはありません。 どの作者の作品も 本物を 間近に拝見したことは ないといってもいいくらいです。特に 外国の作家の作品は本物は 見られません。日本の作家なら 例えば 平山郁夫のとても大きい日本画とか、佐藤忠良の彫刻を 宮城県立美術館や琵琶湖の佐川美術館
    で見たとか・・・ 多少は あるのですが!  超高価な作品群を4つの「教室」に 展示するのでは 少々 雰囲気が劣る気がしましたが、作品の説明の仕方など 親しみやすく、鑑賞しやすいものでした。 二度と再び こういう「美術館」は見られないかも知れませんが、残り少ない日かずを胸に 心がけて
    よいもの 本物に接してゆきたいと思います。 深く感謝いたします。有り難うございました。 

    • 福田 晃子 says:

      岩渕さま

      お返事が遅くなりましてすみません。先日は郡山市の出張美術館へお越しいただきまして、ありがとうございました。お楽しみいただけたとのこと、ご感想を嬉しく拝読いたしました。出張美術館は、美術品を見て楽しんでいただきたい方のもとへお届けしよう、という気持ちからはじまりました。スペースの都合上、むき出し展示とういう方法をとっておりますが、近くでご覧いただけて却ってこの方が良いのでは、と思っております。今後とも、美術館として、皆様に喜んでいただけるような新しい活動をできないか模索して参りますので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

*