当館は、海が一望できる木造日本家屋の美術館です。

折角いらしていただいたお客様に、良いお天気の真鶴をご覧いただきたいのですが、このところ毎週末雨が降っています。

そこで今日は、晴れた日の真鶴の海を写真でご覧頂こうと思います。

どうぞご覧ください。普段はこういう感じです↓

右側に写っている緑の丸いのは真鶴の「お林」です。
「魚付き保安林」とも呼ばれています。

この林から出る栄養のお陰で、海にプランクトンが発生して魚が集まる、
または、林の影を好んで魚がやってくる(魚は物陰にいるのが好きなのです)、
もしくは、林にいる虫が海に落ちたのを食べる為に魚がやってくる、

諸説ありますが、とにかくこの「お林」のお陰で魚があつまってきます。

恵みをもたらしてくれる林だから、ただの林ではなくて、「お」林と呼ばれています。

当館から見えるお林は、野菜のブロッコリーに非常によく似ているので、
「ブロッコリー真鶴半島」と心の中で呼んでいます。

たいへん綺麗な景色ですので、是非皆様にご覧いただきたいです。

ところで全く話は変わりますが、

4月2日の月曜日、
FMヨコハマ(84.7MHz)の番組、
「THE BREEZE」の「YOKOHAMA ART BEAT」のコーナーにて、
当館のことが取り上げられますので、
お時間のある方はどうぞよろしくお願いします。

時間は、午前9:40頃からです!

コメントを残す

*