連休最終日

本日でゴールデンウィークもおしまい。
たくさんのお客様にお越しいただきました。
ご来館くださったお客様、誠にありがとうございます。

真鶴町全体も、いつもより人通りが多く、
どことなく華やいだ雰囲気でした。

建物の2階からは、琴ヶ浜で遊ぶ人たちの姿も見え、とても楽しそうでした。

連休で遊びにいらした方が乗ってたのかな。
今日はヨットもたくさん浮かんでました。

海にヨット、楽しい景色です。

それから、トンビの写真を近くで撮ることが出来ました!

これまで何度もトンビ撮影にチャレンジしたのですが、
ここまで近くで撮れたのは初めてです。
本当に良い連休でした。

2 Responses

  1. HH says:

     ゴールンデン・ウィークに伺いました。

     友人と急に日帰りで出かけることになったのですが,熱海・伊東のあたりでも今まで行ったことのないところへ行ってみようかと言うことになり,前日にネットで検索して,旅行ガイド(たしかテレビ局のものだったと思います)の紹介記事を見つけて興味を持ち行くことにしました。
     ですからほとんど予備知識もなく伺ったのですが,様々な示唆を与えてくれるすばらしい美術館で,こちらを訪れたことだけでその日の小旅行を実のあるものにしてくれました。
     真鶴へ来たはたぶんはじめてだったのですが,山の緑と海の青さ,それに食堂や売店の類もほとんどなく全体として静かなたたずまいと,道も町も港もけっして大きくはない町のコンパクトさもあって,等身大の自分とゆっくりとした時間を感じることができた町でした。
     真鶴アートミュージアムはそんな真鶴の町の魅力をそのまま持ち合わせているように思えました。旅館だったという日本家屋は,よく町に溶け込んでいるし(溶け込みすぎていて見つけにくいぐらいかも,むしろ近隣の別荘らしい近代建築の方がそれらしく見えてしまいます),決して大きくもないし特徴もあるとも言えない造形なのですが,そのことがかえって訪れる人にそれぞれのなにげない日常を継続して与えつづけてくれていると思います。三年ぐらい前,赤坂であったアートフェスで元料亭をそのまま作品展示の装置として使った試みがあったのを思いだしますが,赤坂と真鶴のちがいでしょうか,こちらの方がよりリラックスできたように思えました。靴を脱ぎ,畳敷きの天井の低い和室でルノワールやシャガール,それにピカソ・岡本太郎などの芸術作品と接することができたのは非常によい体験でした。簡単に言うと肩肘張らずに自然な形で観ることができました。

     今回は美術館に行くことにそれほど興味がない友人を誘ってきたこともあり,かなり駆け足でみるということになってしまったので,また日をあらためてひとりでゆっくりと作品を見に行ければと思います。そのときはぜひマダム・ケイのお作りになるランチも食べたいと思ってます。

    • 福田 晃子 says:

      HH様

      この度は当館へご来館いただき誠にありがとうございました。
      仰る通り、真鶴半島は、車で10~15分あれば一周できてしまうような、とてもコンパクトな町で、
      観光地でありながら、観光地らしい観光地、というわけでもない町です。
      そしてこれも仰る通り、とてもゆっくりとした時間が流れています。
      当館も、気軽にゆったりのんびり美術を鑑賞して、おいしいお菓子を食べて、ぼんやり海を眺めて、
      それこそ、以前は旅館だった建物を改装して利用しておりますので、
      旅館に素泊まりしたような気分を味わってもらえるような場所にしたいと思いました。
      真鶴町も、当館も、お気に召していただき嬉しいです。
      またどうぞ、骨休めに当館へ遊びにいらしてください。
      この度はコメントをありがとうございました。

コメントを残す

*